津軽塗 重箱

かつては行楽のおともに欠かせなかった重箱

重箱の歴史は古く、室町時代にまで遡ることができると言われます。

しかし、広く普及したのは江戸時代になってからのことで、大名や武家は狩りや花見に出かける際、 蒔絵や漆塗の豪華な重箱に料理を詰めて、持ち運んだといいます。津軽塗においても、当時作成された紋紗塗や錦塗の、 豪華絢爛な重箱が今に伝わっています。
やがて重箱はより一般化し、庶民も運動会などの行事や行楽のおともとして、欠かせない存在となりました。
残念ながら最近は、合成樹脂などのより手軽な素材の弁当箱が主流となり、重箱は日ごろの生活から縁遠くなっています。

重箱が醸し出す「有難さ」

それでも、正月のおせち料理をはじめ、「特別な機会」にはやはり、重箱を使いたいもの。 普段目にしない、使わないものだからこそ、折に触れての有難みを増してくれるのが、重箱なのです。
もともと昔から、年に数度の楽しみを華やかに演出してくれるものだったその「有難み」を感じるためにも、 実用的かつ鮮やかな津軽塗の重箱を、一家に一式、揃えておくのは如何でしょうか。