HOME >> 津軽塗の製品 >> なつめ

津軽塗 なつめ

利休好みの茶道具

茶器の一種であるなつめ(棗)は、抹茶を入れる容器を指し、植物の棗の実に似ていることから、その名がついたとされています。特に桃山時代、千利休が好んで茶の湯の席に用いたことで、茶道に欠かせぬ道具としてなつめは一般化したといいます。

津軽塗のなつめで、茶席にアクセントを

もともとのなつめは、黒塗一色のシンプルなものでしたが、時代が下るにつれ、書院飾りに適した蒔絵などが用いられるようになりました。津軽塗のなつめは、唐塗/七々子塗など、塗の違いで印象が大きく変わります。大事なお茶の席に、アクセントを添えるためにぜひ、津軽塗のなつめをご使用ください。