HOME >> 津軽塗について

津軽塗について

津軽塗とは

青森県津軽地方

「津軽塗」の正確な定義というものは存在しないが、一般的には津軽地方で生産される伝統漆器の総称とされる。
津軽塗という言葉が生まれたのは明治六年(1873年)、ウィーン万国博覧会に漆器を展示することとなった際、その産地を明らかにするため名付けられたことからと言われている。むろん、津軽地方における漆器産業としての伝統はさらに古く、江戸時代中期にさかのぼることができる。

また、津軽塗は青森県唯一の、経済産業大臣指定伝統工芸品でもある。この制度の認可を得るためには、次の6点の要件を満たす必要がある。

  1. 工芸品であること。
  2. 主として日常生活の用に供されているもの。
  3. 製造過程の主要部分が手工業的であるもの。
  4. 伝統的技術又は技法によって製造されるもの。
  5. 伝統的に使用されてきた原材料を使用していること。
  6. 一定の地域で産地形成されていること。
1~5までの要件は、県内の他の工芸品も十分に満たしている。
しかし6番目の要件を満たすのは、津軽塗のみなのである。この6番目の要件については、以下のように定義されている。

「一定の地域で、ある程度の規模の製造者があり、地域産業として成立していることが必要です。ある程度の規模とは、10企業以上または30人以上が想定されています。個々の企業だけでなく、産地全体の自信と責任に裏付けられた信頼性があります。」
財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

すなわち、青森県内の伝統工芸品の中で、産業として成立し業界が形成されているのは津軽塗だけ、ということになる。事実、津軽塗は21世紀の現在においてもなお、青森県を代表する物産の一つとして、全国的に高い評価を得ている。
なお、津軽塗に関する詳細な歴史については、「津軽塗の歴史」をご覧ください。

その特徴

津軽塗の特徴

津軽塗の特徴は、堅牢で実用性に富んでいると同時に、非常に優美な外見を持つ、というところにある。津軽塗で用いられる「研ぎ出し変わり塗り」という技法は、幾重にも塗り重ねた漆を平滑に研ぎ出して模様を表す方法である。この繰り返しに数十回の工程、二か月以上の日数を費やすことで、複雑で美しい漆模様と、頑丈でしっかりした触感が得られるのだと言える。

藩政時代には様々な塗の技法が存在したが、現代まで伝わっているのは唐塗 / 七々子塗 / 紋紗塗 / 錦塗の四技法である。

「津軽塗の塗模様」へ
「津軽塗4技法の工程」へ

現在と未来

津軽塗はこれまでにも産地診断、伝産法による振興事業、活性化対策で新商品開発、 需要開拓、人材育成、組織強化・・・等々の施策が打ち出され、次々と新しい事業に取り組んできた。
しかし予測を上回る社会情勢の変容の中で、いくつかの新たな課題が生まれてきた。 そしてその中でもマーケティングが最大の課題となっている。 しかしここ数年、若手職人を中心として異業種交流・各種公募展、展示会への出品など様々な試みが行われている。 また、現在「ロイヤルコレクション」というブランドを立ち上げ、首都圏の大手ガラスメーカー・陶磁器メーカー・宝飾メーカー とコラボレーション(協同開発)を行っている。

さらに、本年度実施してる津軽塗躍進戦略「TUGARU JAPAN」事業(県重点事業)は、 「海外進出商品プロモーション事業(販売戦略課)」と「商品開発推進事業(弘前技研)」  の2つの事業で構成され、プロダクトインからマーケットインまでを連動したものとなっており、 海外のクリスタルメーカーとのコラボレーションによる販売網を築き上げている。

現代の津軽塗職人

青森県を代表する伝統工芸である津軽塗。先人から技術と知識を受け継いで、今も新たにたくさんの津軽塗を、現代の職人は生み出していっている。そんな、現代を生きる津軽塗職人たちは、これまでに種々の賞を国や県などから受賞している。

受賞リスト

青森県技能奨励賞 木村正人(平成17年度)
青森県卓越技能者 表彰 蒔笛 太(平成17年度)
村田清一(平成18年度)
坂本彰彦(平成19年度)
今 年人(平成21年度)
厚生労働省「現代の名工」(卓越した技能者) 表彰 和島省治(平成17年度)
社団法人国土緑化推進機構「森の名手・名人100人」 和島省治(平成17年度)
第31回全国伝統的工芸品公募展 NHK会長賞 須藤賢一(平成18年度)
第31回全国伝統的工芸品公募展 経済大臣賞・新人賞 菊池育子(平成18年度)
第32回全国伝統的工芸品公募展 経済産業省製造産業局長賞 須藤賢一(平成19年度)
第40回全国漆器展 経済産業省製造産業局長賞 今 年人(平成17年度)
第42回全国漆器展 商工組合中央金庫理事長賞 黒滝茂美(平成19年度)
第43回全国漆器展 NHK会長賞 鈴木 孝(平成20年度)
第43回全国漆器展 日本漆器協同組合連合会理事長賞 秋元勝彦(平成22年度)
第49回日本漆器協同組合連合会組合功労者 表彰 坂本彰彦(平成18年度)
第49回日本漆器組合連合会永年勤続者 表彰 大保理夏(平成18年度)
テーブルウェアフェスティバル2009 オリジナルデザイン部門最優秀賞 木村富美子(平成20年度)
伝統的工芸品産業功労者等経済産業大臣 表彰 和島省治(平成20年度)
伝統的工芸品産業功労者等経済産業大臣 表彰 組合役員 秋元勝彦(平成21年度)
東北経済産業局長表彰 組合役員 小林孝幸(平成17年度)
成田行晴(平成19年度)
東北経済産業局長表彰 伝統工芸士 藤野興蔵(平成17年度)
須藤賢一(平成18年度)
日本漆工協会 漆工功労者 村田志朗(平成21年度)
日本漆工協会会長表彰 優秀漆工技術者 坂本彰彦(平成17年度)
須々田清彦(平成18年度)
今 年人(平成19年度)
白川勝義(平成21年度)
日本伝統工芸士会 功労者表彰 蒔笛 太(平成20年度)
春の伝統工芸士叙勲 瑞宝単光賞 岩谷武治(平成20年度)
弘前市優れた職人 顕彰 山上英夫(平成17年度)