HOME >> 津軽塗の製品 >> 座卓(テーブル)

津軽塗 座卓(テーブル)

和室にも洋室にも不可欠の家具

座卓とは読んで字の通り、座位式のテーブルの総称です。正方形、長方形、円形、楕円形など形状は様々で、また脚が折りたためる簡略式の座卓は特に「ちゃぶ台」と呼ばれます。 本来は座敷や板の間など、純和風の居住スペースに用いられる家具でしたが、生活が洋式化した現在でも座卓は、その姿を消しておりません。むしろ洋間にも違和感なく溶け込むことができる座卓は、日本の家具の王様といってもよいでしょう。

安心感をもたらす、津軽塗の座卓

華やかさの中にも堅牢性を秘めた津軽塗の座卓は、和洋いずれの生活様式にも対応できるもの。応接間において重厚な雰囲気を生み出すことも、居間において親近感を生み出すことも可能です。

日本人の生活には欠かせない、家具の王様、座卓。そして津軽塗の座卓は、あなたの家庭に確かな安心感を、もたらしてくれます。